医療機関を利用して適切な検査を受けましょう

感染を防ぐ

ノロウイルスの消毒の方法

ノロウイルスは消毒を徹底することによって予防できる病気です。逆にいうと消毒が不十分な場合拡散してしまうこともあり、取り扱いには十分な注意が必要です。 万が一ノロウイルスに感染した場合、嘔吐や便によって感染が広がるケースが考えられます。そのため、正しい方法で消毒しなければいけません。ノロウイルスは80度以上の温水や次亜塩素酸ナトリウムで消毒ができるため、感染の際はそういった方法で消毒します。 以前であればノロウイルスの消毒方法を知らず、感染を広げるばかりでしたが、現在は病気に対する認知も広がり適切に対処できるようになってきました。今後は消毒キットの普及によって、さらにノロウイルスに対処する方法も簡単になっていくことが考えられます。

ノロウイルスの消毒で気をつけることは

ノロウイルスはとても感染力が強く飛沫感染、空気感染する厄介な病気です。 自分が精いっぱい予防して百割がかかってしまったときはどうしようもありません。 家族や友達、恋人がノロウイルスにかかって看病するときに自分への感染を防ぐために 消毒を怠ってはいけません。その消毒を行う時に気をつけなければならないことは何でしょうか。 ノロウイルス対策の消毒は、アルコールで除菌するものを選び、そのノズルの周りも消毒することです。 そして空気にもノロウイルスが潜んでいるので噴射型の消毒液も用意しておくべきでしょう。 ノロウイルスは感染者の嘔吐した時や排泄する場所に最も菌が潜んでいるので、その場所は徹底的に消毒するようにしましょう。